インプラント外科医
院長紹介


診療所案内
(住所・TEL)


診療方針

ラミネートベニア

オールセラミック
クラウン

メタルセラモクラウン

非抜歯矯正法

見えない矯正装置

最新アメリカ
審美歯科


マイクロスコープ

歯を残すために

Q&A メール Apo

歯がなくなる方は

無料インプラント・審美
相談会のお知らせ

学会のお知らせ

TOP

歯を残すために|インプラントなら名古屋・テルミナ歯科クリニック

インプラント -テルミナ歯科クリニック-

歯を残すために

歯やインプラントを残す為にどんな歯科医を選べば良いか

1. 各種学会・スタディグループに入っていて勉強熱心で症例発表を行っている。
特に海外の学会に出ようとする歯科医はよほど熱心でないと、費用がかかりますので続きません。
そういう歯科医は良い治療を行うためにお金をかけているのです。
2. 口腔内写真・レントゲン写真・CTスキャンなど多くを撮影し、正確な診断を行う。
資料は学会での発表でも使用される。
3. 予防・ブラッシング指導・メンテナンスに時間と回数をかける。
1年後に来てくださいというのではだめです。
30才以上の方なら誰でも程度の差はあれ歯周病が有る。
歯肉の下の根の表面に菌が膜(バイオフィルム)を作る。
歯のルートプレーニング(根のお掃除)をしても1週間で菌がついてくる
1ヶ月でバイオフィルムはかなり厚くなる。だから通常は1ヶ月に1度のメンテナンスをお勧めする。
4. 禁煙指導を行う。
タバコは口腔の微細血管に影響し血液循環を悪くし、細菌に対抗する白血球の動き・働きを悪くする。
タバコは歯とインプラントに大変悪いので、止めるべきだ。
5. 歯科医も器用な方が良いが、少なくとも雑なのはいけない。
時間が多少かかっても丁寧なほうが良い。ただし内容は分かりにくい。